2011年6月アーカイブ

子育てにおける父親の役割

最近は父親も一緒に子育てをする方が増えてきましたが、
子育ては女性に任せっきりという方もまだまだいますし、
子育てに関わっている方でも、母親の手伝い感覚という人が多いですね。

女性は自ら子供を産んだ実感がありますし、
母性本能の面から考えても、子育てに関する責任感は
女性の方がより持っているのは致し方ないことです。

だからと言って、男性は子育てに関わらないでも良いということではありません。
男性は男性で、女性にはない大切な役割があります。

逆境に強くなり、自分から問題解決する子を育てる方法

2011年6月2日放送の「カンブリア宮殿」で、
「花まる学習会」代表の 高濱正伸 さんが出演されていました。

花まる学習会はこちら

高濱さんは以前、「情熱大陸」にも小学生の教室で出ていたのですが、
今度は幼児教育の教室でした。

「花まる学習会」は現在、首都圏に104の教室をもつ、幼稚園児~小学生を対象とした学習塾です。
数理的思考力、読書と作文を中心とした国語力に加え、野外体験を三本柱としているそうです。

番組中、高濱さんがよく言っていた言葉が、

「メシが食える大人を育てる」

ということでした。
それが、花まる学習塾の理念のようです。

そこではどんな風に教えているのかというと、

「分かった!」

という体験を最も大事にしていています。

そして、子供達も夢中になるようゲーム感覚で楽しませる工夫を用意し、
大人でも難しい四字熟語や、空間認知力が鍛えられそうな、
なぞなぞやパズルなどを遊びながら勉強していました。

四字熟語は、意味がわからなくても良くて、音から覚えていくということをします。

そのために大きな声に出して先生のいう四字熟語をリピートするのですが、
それを通じて熟語の意味や漢字を覚えるということではなく、
大きな声を出すことで自己表現の訓練をしているのだそうで、
自己表現できるようになることが第一の目的なんです。

とにかく子供達が皆イキイキしていて、4歳児達が、
90分間飽きることなく、夢中になってそれに取り組んでいました^^

このページの先頭へ