2012年1月アーカイブ

ちびっこ天才料理人こごまちゃんを育てた、ほんの少しの心がけとは?

子供の頃から本物を見せることは大切です。

脳の前頭葉には、他人の行動を見ていると自分があたかもその人の行動をしているように活動する神経細胞、ミラーニューロンというのがあります。

特に生身の人間がそばにいて何かをすると、一番良く活動するので、
小さい頃から、目の前でその分野の本物を見せてあげる、というのは非常に良い教育なんですね^^

実はあのマイケルジャクソンも、ミラーニューロンの力を借りて、才能を伸ばしていったとも言われています。

参考:マイケルジャクソンはモノマネから才能を開花させた

同じくそんな風にしてまだ子供なのに天才的な才能を発揮しているちびっこ料理人がいます。
最近テレビにも良く出ているこごまちゃんこと、新倉茜音ちゃん(10歳)です。
2011年1月4日放送の「天才の育て方TV」で紹介されていました!

お母さんが、"ごま"さんなので、そこから"こごまちゃん"と呼ばれているそうですね^^

現在、東京の荻窪でお母さんが運営する『酒ごはん屋 あかね雲』で、お母さんの手伝いをしているそうです。

こごまちゃんが包丁を握り始めたのは3歳で、
8歳の時には、ハットリ・キッズ・食育クッキングコンテストで優勝しています。
同じく8歳の時に史上最年少記録で、日本酒検定も合格しています^^

その料理センスは服部幸應先生も絶賛していて、このように言っていました。

「料理には3つの方程式、『塩梅』と『だし汁』と『火加減』があって、
名人は正三角形で料理を作ります。
ところが中には二等辺三角形の人がいるんです。
当たり前に作るんじゃなくて、それを崩してその人の感性で二等辺三角形にする。
それが彼女なんです。」

こごまちゃんのレシピは豊富で、現在の10歳の時点でオリジナルレシピは100以上、
レシピ本を3冊出しています。
人気の川越シェフともコラボしているのもありますね^^

豊富な知識と味覚を武器に、大人の舌も満足させているこごまちゃんですが、
その才能の秘密は、ミラーニューロンにあったんです^^

天才少年ピアニストの家庭に学ぶ、遊びながら学べる教育環境の作り方

子育ての環境は、ゲーム感覚で遊べる場を用意すると、
豊かな想像性を発揮する子に育つことがあります^^

その例が、天才プロジャズピアニスト、奥田弦君です。
奥田君は、若干7歳でソロコンサートを開いてデビューしており、
2011年12月には日本ジャズ界で最年少の10歳でCDメジャーデビューしています。

実力はこんな感じです^^

これは9歳の時らしいですが、すごいですね^^
圧倒的な表現力で、プロも一目を置く存在なんだそうですよ!

そしてピアノをひくだけでなく、自分で作曲もしていて、
4年間で50曲以上も作っています。

このように育ったのは、お母さんによる手作り子育て環境が関係していたことが、
2011年1月4日放送の「天才の育て方TV」で紹介していました!

子供の感性を発揮させる!天才少年書道家を育てた、親の「見守り力」

下の書は、2011年7月16日、17日に開催された、東北六魂祭で使われた題字です。

実は、この「書」を担当したのは12歳の少年で、
岩手県出身の高橋卓也君。

2歳で初めて筆を使って文字を書くようになり、
3歳の時に書いた「凧」という作品は、
大人も参加しているモントリオール国際芸術祭・書道の部で、
グランプリを受賞しています。

下の本も出ていますが、その表紙になっているのがそれですね^^
とても3歳の子供が書いたとは思えません。

有名書道家の紫舟さんも、
小学校で書き順通りに平仮名や漢字を書く訓練を経て、その後に「書」を学ぶのと、
これから字を覚える前に「書」を始めるのでは、こんなにも違うのかと、
表現力の豊かさを高く評価しています。

卓也君はこれまで書道教室には1回も通ったことないそうですが、
その天才脳はどうやって作られたのでしょうか?

北京五輪フェンシングの銀メダリスト、太田雄貴選手を育てた教育法

2012年1月4日放送の「天才の育て方TV」に、
2008年の北京オリンピック、フェンシングフルーレ銀メダリスト、太田雄貴選手の父親、
太田 義昭さんが出演されていました。

以前「エチカの鏡」にもでていて、その教育方法に興味を持つ方も多いようですね^^
以下の子育て本も出されています。

義昭さんは、高校の時にフェンシングをやっていて、
子供にもやらせようと思ってやらせたそうですが、
太田選手がフェンシングをやり始めたのは小学3年生。

通常、メダルをとるほどの一流選手は、
もっと小さい頃からやっていることが多いと思うのですが、
太田選手のケースを考えると、小学3年生からでも可能性があると言えます。
義昭さん自身も、小学3年生からでも遅くはないと考えていたようです。

では、どのようにして育てたのか?
太田家の教育方法の一部を紹介します。

親子で楽しみながら、子供に漢字検定1級を突破させる方法

子供に習い事をさせてみたものの、なかなか続かない・・・
そんな時は、前回の記事で紹介したように、メリハリをつけて厳しく育てることも大切です。

参考:フラッシュ暗算の達人少年から学ぶ、継続力、集中力をつける教育法

しかし、そこまでやるのは子供がかわいそうな気がして踏み切れない、という方もいらっしゃるかもしれません^^

そこで今回は、史上最年少の漢字検定1級の合格者、川越靖國君(11歳)を育てた教育法を紹介します。
(2012年1月4日放送「天才の育て方TV」より)

漢検1級は、合格率実質4%の超難関で、それは制度改変前の司法試験と同レベルの合格率なんだとか。

しかも、川越君の場合は、ただ漢字を記憶しているだけではありません。
漢字の意味や成り立ち、その背景までも理解していて、
まるで頭の中に辞書が入っているような理解の仕方をしているんですね!

ただの暗記ではなく、体系立てて学ぶことを身につけると、
それ以外の分野でも、色々なことに興味を持って学べるようになりますし、応用力も身につきます。

そして、このような難関検定を最年少で突破したのは、お父さんの教育方法に理由がありました。

フラッシュ暗算の達人少年から学ぶ、継続力、集中力をつける教育法

2012年1月4日に放送された「天才の育て方TV」で、
埼玉県に住む小学5年生、弥谷拓哉君(10歳)が紹介されていました。

拓哉君はフラッシュ暗算の天才で、4歳の時にそろばんを始め、7歳で史上最年少の10段を獲得しています。
5けたの掛け算を1秒内に暗算、億単位の計算も簡単にやってしまいます^^

このようになるには、単に早くからそろばんを始めれば良い、というものではありません。
拓哉君は、同じそろばん塾に6年間、ほぼ休みなく通い続けているんです!
遊びたい盛りの子供が、暗算が身につくまで集中して取り組むのは至難の業です。

それを乗り越えて、拓哉君は6年間休みなく通い続けることができたのですが、
そこにはお母さんの教育方法にヒントがありました。

4歳の子供でも落語を覚えられる!言語分野を発達させる育て方

2012年1月4日に放送された「天才の育て方TV」で、
愛知県に住む天才落語少年、KOHARU亭けいじろうくん(9歳)、たいちろうくん(11歳)が紹介されていました。

2人とも桂文珍さんも絶賛するほどの才能の持ち主で、
お兄ちゃんは構成力に長けている頭脳派で、
弟は天性の「息」と「間」の使い方ができる天才肌なんだとか。
そして、わずか2日で一席を覚えてしまうんですね^^;

弟のけいじろう君は、4歳で落語を覚え始めて、
6歳で、大人も出場するワッハ上方アマチュア演芸コンテストで大賞を受賞しています!
R1グランプリなどにも出場しているんですよ^^

けいじろう君の落語はこんな感じです^^

子供とは思えないほど上手ですよね^^

現在ネタ数は20もあり、中には1時間に及ぶものもあるそうですよ^^
(1時間の落語は、原稿用紙30枚分にもなります。)

兄のたいちろうくんも、弟の影響で落語を始めたそうで、数々の大会で入賞しています。
弟の影響を受けて・・・というパターンは珍しいですね^^

この兄弟の驚くべきところは、落語について、
弟子入りどころか、専門的なことをはしていないというところ。
全くの独学なんですね!

大人がやるのも難しい落語を、どうやってできるようになったのでしょうか?

このページの先頭へ