2012年6月アーカイブ

教育の一番の悩みどころ「スパルタ vs 自主性」どちらが良いか?

2012年6月5日放送の「教科書に載せたい!」で、教育での一番の悩みどころ、「スパルタ vs 自主性」どちらが良いか?というのをやっていました^^

結論から行くと、私はこの問題は、根本は一緒で手段が違うだけだと思っていますので、どちらが良くてどちらがダメというものではないと思っています。
どちらも良い部分、悪い部分がありますし、中途半端にするとダメになってしまうのは同じですからね^^

そのことを具体的に知るのにちょうど良い内容が「教科書に載せたい!」で紹介されていました♪

内容は高校ラグビー部の先生の話です。
全国の高校生ラガーマンはラグビー版の甲子園「花園」を目指しますが、福岡には筑紫高校、東福岡高校という2校の強豪校があります。

厳しい言葉で奮い立たせ、半ば強制的でも練習させるスパルタ式の教育をする、筑紫高校の西村寛久監督。
そして練習は楽しむもの、選手自ら考えさせ、やる気になるまで待つという自主性重視の教育をする、東福岡高校の谷崎重幸監督。

花園へは県大会優勝校の1校しか行けないわけですから、「スパルタ vs 自主性 」を巡る教育論の話にも広がっていくわけです。

この二人の監督を追ったドキュメンタリーは、福岡のRKB毎日放送で

  • 「未来へのノーサイド」ムーブ 年間大賞
  • 「ALL for ONE!」JNNネットワーク協議会 エンターテイメント部門 奨励賞

と、2回にわたり賞を受賞しているそうです。
そのうちの1つ、「ALL for ONE!」がネット上にありました^^
子育てをしている方はぜひご覧になって頂きたい内容です♪

このページの先頭へ