2012年8月アーカイブ

子供に叱ってばかり、を無くす方法

最近、褒めて子供を育てるやり方を、たくさんの人が実践しています。
叱ると、叱る側も嫌な気分になりますので、それよりも褒めて伸ばした方が良いですよね^^;

しかし、だからといって、何でもかんでも褒めればよいというわけではありません。

叱るべき時は叱った方が良いのです。

でも、「叱るべき時」というのがどういう時なのか、判断するのは難しいもの。

例えば、大して叱る必要もないところでつい感情的に叱ってしまう方は多いと思います。
いかなる理由であれ、叱られると人の心は傷つきますので、感情的に叱るのはよくありません。

長い時間子供と過ごしていると、忙しい時にかまってほしそうにしたり、自分の思うようにしてくれなかったりしてイライラがたまることでしょう。
そうなるとついつい感情が入るので、コントロールが難しいですよね^^;

そんな時でも叱らないようにするには、どうしたら良いでしょうか?

叱らぬ教育の実践という本で、こんなことが書かれています。

このページの先頭へ