2013年4月アーカイブ

子供に図鑑に興味を持ってもらうには?

私は、小学1年生になる甥っ子に図鑑をプレゼントしましたが、選ぶ時あれこれ迷いました。
結果的に喜んでもらえて、自分で調べるということを楽しんでもらっているようです。

子供に図鑑をプレゼントする場合、興味を持ってもらえるかどうか、難しいですよね^^
実は図鑑選びにはポイントがあるんです。

本屋さんにこんなパンフレットがありました。

図鑑の選び方使い方ガイド

Z会の図鑑エキスパートが、図鑑の選び方、活用方法を紹介する冊子です。
フリーのパンフレットですが、「なるほど」と思えるヒントがたくさん載っていました^^

Z会は受験だけでなく、幼児教育にも力を入れていますし、さすがですね♪
東大合格者の幼児期の環境 3つの共通点

図鑑があれば、わからないことは図鑑で調べる、という手段を与えることができますし、慣れれば分からないことは自分で調べるという力がつきます。
さらに、ページを開いていく度に新しい動物、植物に出会いがあって、楽しみながら知識をつけていくこともできます^^

ネットで調べると簡単に答えが出てくるかもしれませんが、それでは得られない魅力があるのが図鑑です。
うまく活用するにはどうしたら良いか?Q&A形式で載っていました。

子供が三日坊主になる2つのパターンとその克服法


猛烈宿題消化中 / masahiko

うちの子は何をやっても続かない・・・。
子供の三日坊主には悩まされますよね^^;

でもそれを、子供の性格や素質のせいにして諦めるのは勿体ないです。
親の関わり方、言葉のかけ方次第で三日坊主を克服することができます♪
しかもそれは、大人の三日坊主に通用するものでもあるんです!

そんなヒントが2013年4月1日の「あさイチ!」で紹介されていました。

それによると、三日坊主は2種類のパターンがあって、それぞれに適切なアプローチをとると、今まで続かなかった子もこれからは続けられるかもしれません。

「継続は力なり」

と言われるように、子供のうちに自分で決めたこと、やるべきことを続けていくことができる能力は、生涯にわたって役に立つ能力になります。
その能力を身につけるには、親の存在が大事になってきます。

このページの先頭へ