放任主義はもう古い?キュリー夫人の過保護な子育て法

キュリー夫人と言えば、夫との共同研究でラジウムとポロニウムの発見し、
ノーベル物理学賞を受賞し、さらに個人でも金属ラジウムの抽出に成功し、
それでノーベル化学賞を受賞するという、2度もノーベル賞を受賞した偉人ですね^^

実は、キュリー夫人の娘、イレーヌも同じく、
夫との共同研究でノーベル化学賞を受賞しているのをご存知ですか?

イレーヌがそのような素晴らしい人物になったのも、
キュリー夫人の教育が関係しています。

子供も研究室で勉強させたキュリー夫人

研究者といえば、一つのテーマに没頭して、
忙しくしているイメージがあるのではないでしょうか?^^

キュリー夫人もまさにそのような感じだったそうですが、
ある日、娘イレーヌがさびしがっていることに気付いたそうです。

そこでキュリー夫人は、研究室で宿題をさせるようにしたそうです。
さらにそれだけではなく、どんなに忙しくても娘に手紙を書き、
そこに数学の問題を載せてやり取りしていたんだそうです。

毎日研究室で会ってても、そこまでやっていたんですね^^
そのようにして、娘の数学的才能は伸びていったそうですが、
その結果がノーベル賞受賞という形で表れていますよね^^

放任主義は間違いであると認められた!

上のように、キュリー夫人は、過保護・過干渉という教育方針をとったわけですが、
実は現在、過保護・過干渉は良い育て方と言われています。

昔は放任主義が良いと言われていましたよね^^
子供は泣いていても放っておけ!とか。

この、『放任主義』を最初に提唱したのは、アメリカのスポック博士。
1946年にアメリカで出版されたスポック博士の育児書は、
日本でも大きな影響を与えたんですね。

なので、放任主義が良いという常識が備わっているのですが、
実は、1974年に、スポック博士自身が、
放任主義は間違いだったことを認めたんです!

今では、子供と触れ合うことが大切であると言われています。
しかも、触れ合う時間ではなく、密度の方が大切とされています。

これは以前話した石川遼君の話にも通じてますね^^

どんなに忙しくて時間がなくても、
子供と接する時にはとことん密度を濃くすれば、
子供は愛情を感じて才能も伸びて行くそうです。

親バカは子供の才能を見抜く

親バカになることは、子煩悩とバカにされることがありますが、
実は大切なことです。

なぜなら、親バカであるということは、
子供の良い部分を見ているということですよね^^

子供を褒める材料をたくさん見つけるわけですし、

子供の何気ない才能に一番気付きやすいのは親ですから、
親バカであるほど才能を伸ばしやすくなりますよね^^

まとめ

・子供と接する時の密度を大切にしよう
・過保護、親バカで子供の才能を見出してあげよう

Check

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

関連する記事:1件

コメントする




« 手塚治虫に学ぶ、想像力豊かな子供を育てる方法 | ホーム | ヨコミネ式教育 自立心を育てる3つのカリキュラム »

このページの先頭へ