質問で夢や能力を引き出す、子供が「やる気」になる質問

「質問」というのは、単にわからないことを聞くためだけにあるものではありません。
質問の仕方によっては人生が変わることだってあるんですね。

親が何を質問するかで、子供がやる気を出したり、才能を伸ばすことだってあり得るんです。

そのような質問の方法を提唱してるのが、「魔法の質問」というイベントやセミナーを主催しているマツダミヒロさん。

2月1日に、子どもが「やる気」になる質問―叱る前に問いかけると、こんなに変わる!
という本を出されました!
私も販売初日に購入して勉強させていただきました♪

この本は、質問のプロのマツダミヒロさんだけでなく、
コーチングの本も出している本間正人さんの共著のようです。

目次を見るだけでもかなり考えさせられますよ^^

目次紹介

アマゾンの「なか見!検索」でも見れるのですが、
目次だけ見ても素晴らしかったのでここでも紹介します。

第1章 前向き思考がクセになる質問

  • ここからの学びはなに?
  • 今日楽しかったことは、なにがあった?
  • どんな言葉を使いたい?
  • なんのために勉強をするの?
  • 本当に?
  • (相手は)どんな気持ちだと思う?

第2章 「やる気」にはずみがつく質問

  • どうやったら、もっとワクワクチャレンジできる?
  • なんでもできるとしたら、なにがしたい?
  • (大人になったつもりで)今、なにしてるの?
  • 夢に近づくために、今週出来ることはなに?
  • この勉強が終わったら、どうなっていたい?
  • これが終わったら、なにパワーがついている?
  • どんなときが一番楽しかった?どんなときに一番がんばれた?

第3章 「すすんでやる子」になる質問

  • 明日はどんな一日にしたい?
  • うまくいっていることはなに?
  • うまくいくために、なにができる?
  • どのようにすればいいと思う?

第4章 「ひらめきスイッチ」が入る質問

  • 失敗するとしたら、なにが原因?
  • ○○だったら、どんなやり方をすると思う?(尊敬する人などを入れて)
  • 組み合わせると、なにができる?
  • それで?
  • ほかには?
  • 私みたいになりたい?

第5章 子どもを伸ばす、親自身への質問

  • どんな親が理想?
  • どんな子どもが理想?
  • どんな関わり方ができる?
  • どんな気持ちになりたい?
  • どんな気持ちを伝えたい?
  • (子ども・パートナーに)どんな感謝のメッセージを伝えたい?
  • なぜ?
  • (隣の人だったら)どんな接し方をする?
  • キラキラしているのは、なにをしているとき?
  • 満たすためになにができる?

こういう質問、普段からやっている方はどのくらいいるでしょうか?
コーチングを学んでいないと、なかなか自然に出てくるものではないですよね^^

自ら学ぶ力を育てるための質問

マツダさんが提唱する質問の多くに共通するのは、
正しい答えを聞くための質問ではなく、考えるきっかけになるような質問だということです。


過敏 流鼻水 / 沒格★meg.dai

普段、私達は子どもに対してついつい、

「○○しなさい」
「○○じゃなくて○○でしょ?」

というように、考えさせずに答えを与えたり、
選択肢を減らしたりすることが多いと思います。

でも、そのようにして育ったら、大人になって指示待ちでしか動けない人間になりかねませんし、
自ら目的意識を持って行動をする力が育たないんですね。

なぜなら、親がつい口をだしてしまうことで、
子どもの創造性を育てるのを邪魔したり、親の主観的な型にはめることで、
その枠の中から出ようとしなくなるのです。

結果、やる気のない子どもになり、やがてやる気のない大人になってしまうんですね><

質問をうまく活用するための3つの心得


擦防曬 / 沒格★meg.dai

とはいっても、上のような質問をしても、
意外な言葉が返ってくるのが子どもたちです^^;
その、意外な答えにどう対応するのか、
以下の3つを心得ておくと、上手くいきます。

1.質問に対する答えはすべて正解

これは大前提です。
「ダメ」と言うことの方がおかしいんですね。
それは、上の質問をよく見てみるとわかると思います。
1つの正解しかないような質問をしているわけではありません。

どのような答えであろうと、子供が自分なりにだした考えなので、
それを尊重して上げましょう。

それが、太い信頼関係を築くことに繋がります。

2.答えは全部受けとめる

親の立場から考えておかしなことであっても、まずは認めること。

「それは違う」と、親の考えを押し付けるのはナンセンスです。
その時点で、考える力を育てる質問ではなく、答えを押し付けるために、
既に答えが用意された、八百長のような質問になってしまいますからね^^;

どうしても考え直してほしい場合でも、親のイメージの答えを押し付けるのではなく、
別の方向から質問を投げて、さらに考えさせると良いでしょう。

1番の目的は、考えて自分なりの答えを出すことに意味があるのですから^^
押しつけられた答えでは、意味のないものになってしまいます。

3.答えは出なくてもいい。考えることに価値がある

質問によっては、子供から答えがない場合もあります。
でも、必ずしも何か答えを出さないといけないわけではありません。

無言であっても、「わからない」という答えであっても、
その時考えることが重要なんです。

そして、たとえ今わからなくても、その質問がアンテナとなって、
いつか答えが出てきます。

なので、無理に答えをださせようと慌てないようにしましょう。

ワクワクしながら考えることが好奇心に繋がる

今まで何度か、知的好奇心を育むことの大切さを紹介してきました。
今回の、「子供がやる気になる質問」も、同じように知的好奇心を育む教育方法です。
脳科学者の茂木健一郎さんも、

「脳は使うことが大事」

とよく言っています。
使うこと、つまり考えることでシナプスを形成していくんですね。

そして質問は、単なる「きっかけ」にすぎません。
なのですぐに効果を発揮するわけではありませんが、絶大な力を持っています。

質問をきっかけに夢や目標を考えるようになったり、
問題解決できるようになったり、自分で考えていろいろなことに気づきます。

大人だって、他人に言われてやる仕事よりも、
自分で積極的に考えて、工夫してやった仕事の方が
いろいろと勉強になりますし、やりがいや、やり通した後の達成感も生まれますよね^^

これは、「受け身」の姿勢ではなかなか得られないことです。
子供のうちから自発的に考える子供を育てていきましょう♪

この本は何度も見直して、自然に言葉として出てくるよう、
意識の中に落としていきたいですね。

Check

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 親子で一緒に夢中になりながら読める「くらべる図鑑」 | ホーム | 子供の将来を決めているのは、素質よりも幼児教育 »

このページの先頭へ