褒め方・叱り方の最近のブログ記事

「全力教室」坂上忍流 子供の正しい叱り方

2013年10月27日の「全力教室」の講師は元天才子役、坂上忍さんでした。
オーディションに全然合格しない売れない子役達とそのお母さん達に講義をする、という内容。

坂上さんは、現在は子役プロダクション「アヴァンセ」を経営して、子役の演技指導者として活躍しています。
厳しく叱る指導方法が有名で、TVにもよく出ていますよね^^

こういう業界は、「オーディションは落ちて当たり前」と考えられているそうなのですが、そういう中でもアヴァンセは75%という抜群のオーディション合格率を誇るそうです。

坂上さんの指導方法は、TVではいつも子供達に厳しく怒鳴っている派手なシーンが多いので、そういう厳しい指導なのかな?と思ってしまいがち。

でも実は、決して怒鳴ることに重きを置いているのではなく、良いと思ったことは「それイイ!」と言い、ラフに話しをしたり、笑いもあったり、成長させるためにきちんと考えられているんです。

厳しく感じるのは、経験豊富なだけに指摘する部分の一言一言が鋭く的確、細かいところまでちゃんと見ているからでしょうね^^
全体的にものすごく上手に指導されている印象でした。

坂上さんの指導方法は、単に「子役」という枠だけでなく、子育てに置き換えて、その土台の部分で役に立つ内容だと思いました。

子供を褒める時「エライね」「すごいね」「上手だね」は控えめに

子供を褒める時、「エライね」「すごいね」「上手だね」という言葉がよく使われます。
この褒め方、使うことは悪くないのですが、やり過ぎは禁物です。

なぜならその褒め方は、結果に注目して評価しているということ。

子供は元々褒めてもらうことが好きですが、何気なく使ってしまうこれらの言葉を多用すると、子供は他人の評価を気にした行動しかしなくなります。

例えば、

「自分はすごいことをやったんだよ!」
「自分はあの子よりよくできたよ!」

と、自分から評価を求めるようになったり、他人から評価を得るための見返りを求めた行動しかしなくなります。

更に同じような褒め方をし続けると、簡単に結果が出せることしかやらなくなるんです。
0か100かの完璧主義になったり、失敗を恐れて難しいことにチャレンジしなくなるんですね^^;

これはアメリカでの実験でも出ていて、以前ちらっと書きました。
根気のある子とそうでない子の違いって?

そもそも子供は、大人が本気で「すごい」と思うようなことはそうそうできません。
でも大人は、その健気で可愛らしい姿から「すごいね~」と言ってしまいます^^;
本気で評価したら、指摘ばかりになってしまいますよね。

その褒め方を避けるために、上のリンク先では「努力を褒める」と書きました。

子供が頑張って得た結果ならその頑張りを褒めると良いですが、子供は頑張ってできたことばかりをアピールしにくるわけではありません。
むしろ、サッとやってみた何気ないことを面白がって見せにくることが多いと思います。

その場合はどうしたらよいでしょうか?

4歳と5歳では違う、効果的な叱り方

子供が別の子に物を投げたり、遊んでいるおもちゃを取り上げたり・・・・
そういう時、どうやって叱りますか?

  • 「そんなことしちゃダメでしょ!」
  • 「そんなことしたら、あの子はどう思う?」

上の二つは、それぞれ違う叱り方です。

前者は、理屈抜きに「ダメなものはダメ!」という叱り方。
それに対して後者は道徳的で、相手の立場に立ち、気持ちをはかってもらう叱り方です。

どちらが有効か?というと、それは脳の発達段階で変わってきます。

体罰はタブーではない!叩くのが必要な子もいる

「体罰」に関する考え方は人それぞれで、非常にセンシティブなものです^^;

言葉の意味は、国語辞典(大辞泉)では「肉体に直接苦痛を与える罰」としていますが、
文部科学省では、「機械的定義はできないので、個々の事案ごとに判断する必要がある」としています。

世の中には、少しでも叩いてはいけないと考える人もいれば、「暴力」と「体罰」は違うと考える人もいます。
私は後者の考えで、世間では「暴力」と「体罰」、言葉の真の意味が混同されて使われていると思うのです。

私は、子供が悪いことと知っていながら行った時反省を促すことを目的として叩くのが体罰だと考えています。
部活動など、うまくできなかったとか言うことをきかなかったからといって手をあげるのは「暴力」です。

私は子供の頃、叩かれて反省した経験があるので体罰が必要な時もあると考えていますが、だからといって安易に行って良いものではないと考えています。

子供に叱る意味が通じなければ、それは「暴力」になってしまうからです。
私はそのように、叩かれることが理不尽に感じた経験もあります。

世間で騒がれている例も、間違ったやり方で「暴力」になってしまった「体罰」が取り上げられて、過剰に「体罰は良くない」という論調になっていると思います。
それも行き過ぎると危険だと思うんですよね。

「やってはいけない!」というのは簡単ですが、それだけでは思考停止です。
じゃあ目の前の問題をどう解決するのか?
「もっと良い方法があるはずだ」とあいまいにして、結局何にも出来ていないケースがたくさんあります。

では、体罰についてどう考えるか?
ヨコミネ式の横峯さんの本でも、体罰について書かれていました。

この本によると、横峯さんも「体罰はタブーではない」と言っています。
とはいっても、やみくもに手をあげるのではなく、感情的になるのでもなく、タイミングはかなり考えなければいけません。

それは言っても聞かないというのが前提で、その中で「ここぞ!」というのが判断できる時です。
そして、叩くことだけでなく、その後のフォローもきちんと考えていく必要があります。
この本には、横峯さんの場合はどうやるのか?そのヒントが書かれていました。

根気のある子とそうでない子の違いって?

我が子には粘り強くなって欲しい・・・
親だったらそう思いますよね^^

粘り強さ、忍耐力は、生きていくために必要な力です。

それがないまま大人になると、ちょっとつらいだけですぐに諦めてしまい、悲観的になって自分に自信が持てない大人になります。
大人になってこのような傾向になるのは、子供時代にどう過ごしたかも関係しているようです。

特に子供が失敗した時の親の態度は大きな影響を与えます。

指導の厳しさに暴力は必要?

今、色々なところで日本のスポーツ界の体罰の問題が議論されていますね。

きっかけは大阪の桜ノ宮高校でバスケ部の顧問による体罰が原因で部活のキャプテンが自殺してしまった事件ですが、そこにはOBや現役の生徒たちからも「先生は悪くない」という意見も多く出ています。
「体罰(暴力)は必要」という意見は珍しくありません。

指導に熱心な先生だったのかもしれませんが、結果はやっぱり結果なんですよね。

これは、スポーツの中だけの問題ではありません。
子育てもそうですが、上司から部下への指導など、指導する人全てに関わってくる所だと思います。

指導する上で、体罰は本当に必要なのでしょうか?

褒めて育てるは正しいことが証明!でも良い褒め方にはコツがある

最近、褒めて伸ばす教育が流行っていますが、褒められることの効用が遂に科学的に証明されたようです。

参考:「"褒められる"と"上手"になる」ことを科学的に証明 | 大学利用機関法人 自然科学研究機構 NIPS 生理学研究所

褒めて伸びるならどんどん褒めたいですよね^^
でも、何でもかんでも褒めれば良いというものではありません。

単に、「良い成績を取った」とか、「挑戦したらできた」とか、そういう時に褒めることを想像しがちですが、大事なのはそこじゃないんです。

日々生活していく上でそんな出来事ばかり発生しませんし、人間のコミュニケーションはそんなに単純ではありません。
変な褒め方をすると「甘やかし」になって、良くない方向に進むこともあります。

褒め方にはコツがあるんです。

子供に叱ってばかり、を無くす方法

最近、褒めて子供を育てるやり方を、たくさんの人が実践しています。
叱ると、叱る側も嫌な気分になりますので、それよりも褒めて伸ばした方が良いですよね^^;

しかし、だからといって、何でもかんでも褒めればよいというわけではありません。

叱るべき時は叱った方が良いのです。

でも、「叱るべき時」というのがどういう時なのか、判断するのは難しいもの。

例えば、大して叱る必要もないところでつい感情的に叱ってしまう方は多いと思います。
いかなる理由であれ、叱られると人の心は傷つきますので、感情的に叱るのはよくありません。

長い時間子供と過ごしていると、忙しい時にかまってほしそうにしたり、自分の思うようにしてくれなかったりしてイライラがたまることでしょう。
そうなるとついつい感情が入るので、コントロールが難しいですよね^^;

そんな時でも叱らないようにするには、どうしたら良いでしょうか?

叱らぬ教育の実践という本で、こんなことが書かれています。

子供のやる気を殺ぐ、やってはいけない子供の褒め方

子供の褒め方で注意すべきことがあります。
それは、

子供が自発的にやる気を出していることに対しては、
途中で褒めたり、ご褒美をあげたりしない方が良い

ということです。

「褒める」ということに関しては、専門家の間で色々な意見があります。
それは、「褒める」という行為が、使い方によって"吉"と出る場合もあれば、"凶"と出る場合もあるからなんですね。

今回は、「褒める」ということと「やる気」の関係についてです。

子供を伸ばす良い褒め方と悪い褒め方

3月14日のエチカの鏡は、「褒める」というテーマの内容で放送されていました。

褒めることが子供を伸ばす、ということは、脳科学的にも言われているそうです。
簡単に言うと、褒めることでやる気・自信がでて、さらに難しいことに挑戦し、成長していくわけですね^^

これは、子供を褒めることに限らず、大人に対しても一緒。
上司から部下に対してでも、夫婦間の間でも、基本的に一緒です。

しかし、なんでもかんでも褒めさえすれば良いというものではありません。
褒め方にもコツがあって、良い褒め方をすれば子供は伸びるのですが、
下手な褒め方をするとかえって悪い結果にもなるようです。

「褒める」ということは結構奥が深いんですね。
親もどういうことを褒めるのか、きちんとポリシーを持たないといけないなあと思いました。

なので今回は、良い褒め方と悪い褒め方について放送内容からまとめてみました。

褒め方・叱り方 の過去記事

このページの先頭へ