絵本・児童書・図鑑などの最近のブログ記事

子供に図鑑に興味を持ってもらうには?

私は、小学1年生になる甥っ子に図鑑をプレゼントしましたが、選ぶ時あれこれ迷いました。
結果的に喜んでもらえて、自分で調べるということを楽しんでもらっているようです。

子供に図鑑をプレゼントする場合、興味を持ってもらえるかどうか、難しいですよね^^
実は図鑑選びにはポイントがあるんです。

本屋さんにこんなパンフレットがありました。

図鑑の選び方使い方ガイド

Z会の図鑑エキスパートが、図鑑の選び方、活用方法を紹介する冊子です。
フリーのパンフレットですが、「なるほど」と思えるヒントがたくさん載っていました^^

Z会は受験だけでなく、幼児教育にも力を入れていますし、さすがですね♪
東大合格者の幼児期の環境 3つの共通点

図鑑があれば、わからないことは図鑑で調べる、という手段を与えることができますし、慣れれば分からないことは自分で調べるという力がつきます。
さらに、ページを開いていく度に新しい動物、植物に出会いがあって、楽しみながら知識をつけていくこともできます^^

ネットで調べると簡単に答えが出てくるかもしれませんが、それでは得られない魅力があるのが図鑑です。
うまく活用するにはどうしたら良いか?Q&A形式で載っていました。

入園・入学祝の贈物に!大人も一緒に楽しめる面白図鑑

入園・入学、進級・進学のお祝い、今年贈ろうと思っている方もいると思います。
どういう贈物を考えていますか?

私も今年、甥っ子が小学校1年生になるのですが、私の場合は図鑑を考えています。
子供がふと疑問に思った時、図鑑で調べることができれば、調べることの大切さに気付きます。
そして疑問が解決していく度に知識を広げる楽しさがわかり、わからないことは自分で調べるという習慣づけに役立ちます。

大人になっても役に立つスキルですね^^
ただ、

「何の図鑑をあげたら良いかわからない・・・」

ということもありますよね^^
そして、あげたところで本棚に眠ってしまわないかなどの心配もあります^^;

でも、最近は出版不況の中、図鑑は絶好調なんです^^

そもそも図鑑と言えば、「昆虫」や「植物」など、ジャンル別に一つのテーマを掘り下げるものばかりでしたが、ここ数年は色んな切り口・テーマを設けた新型の図鑑も出ていることから人気になっているんですね。
大人もはまる図鑑が出ているので、子供とコミュニケーションをとりながら楽しめるものも出ています。

つまり、喜ばれる図鑑が増えているんです^^

そこで、どんな図鑑がでているのか紹介しようと思います。

親子で一緒に夢中になりながら読める「くらべる図鑑」

「読書のすすめ」という本屋さん、ご存知でしょうか?
東京にある、本のソムリエの清水克衛さんが店主をしている本屋さんですが、
非常にユニークな本屋さんなんです。

お客さんの悩みを聞き、それにあった本を紹介してくれるんです。
しかも、紹介される本が思いもしない視点から紹介されたり、
その本はそういう風に読み取れるのか~、
と、非常に勉強になるんですね。

そんなソムリエがテレビで面白そうな本を紹介していました。

学研『ひみつシリーズ』で知的好奇心を広げる

こんな興味深い記事を見つけました。

ツィッターを騒がす「天才経済中学生」はいかにして生まれたか「異色対談」西田成佑×岩瀬大輔 vol.1

西田君は中学2年生ですが既に経済に興味を持っていて、海外の経済関係のサイトや論文を英語で読みこなしているそうです。
そして、世の中の「当たり前」に疑問を向け、twitterで問題提起をしたり、起業にも近いことをしたりしています。

ソフトバンクの孫正義社長も、twitterでフォローするくらいです。
すごいですね^^

どうしてそんな子に育ったのか、気になりますよね^^

それは上の記事に詳しく書いていますが、きっかけは、小学1年生の時に叔父さんから貰った学研の『ひみつシリーズ』なんだそうです。

北風と太陽で主体性をお勉強

この本は私も子供の頃読んでいて、今でも「読んでて良かったなあ」と思っているイソップ童話です。

冷たい存在の象徴である北風と、温かい存在の象徴である太陽が、歩いている男のコートをどちらが先に脱がせるか?という勝負をする話。

他人とかかわる時の態度やあり方が学べると思うんですよね^^

「努力」だけじゃない!ウサギとカメから学べるもう1つの教訓とは?

うさぎとかめ は、「こんな本があるよ!」と紹介するまでもない誰もが知っている絵本ですね^^
でもこの本から、大人でも考えさせられる教訓があります。

この本でよく言われている教訓は、

  • うさぎのように、自信過剰になりすぎて油断していると、他に抜かれてしまう
  • カメのように、コツコツとわき目もふらずに努力すれば報われる

というものがあります。
確かにそれも素晴らしい教訓です。

でも、もう1つ、主体性というものをを学べるんです。

このページの先頭へ