親子で一緒に夢中になりながら読める「くらべる図鑑」

「読書のすすめ」という本屋さん、ご存知でしょうか?
東京にある、本のソムリエの清水克衛さんが店主をしている本屋さんですが、
非常にユニークな本屋さんなんです。

お客さんの悩みを聞き、それにあった本を紹介してくれるんです。
しかも、紹介される本が思いもしない視点から紹介されたり、
その本はそういう風に読み取れるのか~、
と、非常に勉強になるんですね。

そんなソムリエがテレビで面白そうな本を紹介していました。

ソムリエが紹介していたのは、「くらべる図鑑」という図鑑。

2010年オリコン本ランキングで、児童書部門1位を獲得した図鑑です。

続編で、「もっとくらべる図鑑」というのもあります。

この図鑑はいろいろなものを比べ、楽しみながら色々な知識をつけようという本です。

例えば、

「9歳の小学生と、動物の体の大きさはどれくらい違うのか?」

というのをペンギンやパンダ、シマウマ、象、ライオン、ゾウガメ、マグロ、シロナガスクジラなどの大きさを絵で比べます。
すると、自分と比べて動物ってこんなに大きいんだ!というのがわかるわけですね^^

同じように、

「9歳の子供が走った時と、その他の動物が走った時、どれくらい速さが違うのか?」

ということが、絵で実感できるようになっています。

これは大人が見ても楽しめる本になっているので、親子で楽しむにはもってこいの本ですね^^

親が興味を持って楽しそうに話すと、子供はそこに興味を持ちやすくなります。
知らないことを知る経験を積むと知的好奇心が生まれますし、同時にコミュニケーションもとれて、一石二鳥ですね^^

Check

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« マイケルサンデル教授がTVに出演します。 | ホーム | 質問で夢や能力を引き出す、子供が「やる気」になる質問 »

このページの先頭へ