塾・予備校・家庭教師の最近のブログ記事

子育てで最も重要なのは3~5歳、その時期に親がやっておきたい2つのこと

東進ハイスクールの林修先生が情熱大陸に出ていたのですが、

「子供が成長する上で最も重要なのは3~5歳」

ということを言っていました。
この時どう過ごしたかでその後の人生は決まると指摘します。

情熱大陸ではその理由までは語らなかったのですが、「あすなろラボ」という番組で、林先生が子育てママ達に授業をしていて、そこでその内容に触れていました。

林修が語る 負けるやつに共通する3つの敗因

6月9日の「あすなろラボ」で、「今でしょ!」でおなじみの東進ハイスクール・林先生が、自分流の歴史の見方を紹介していました。

歴史というのはいつも勝った側のことが書かれていることが多いのですが、それは運が関係していることも多いので、誰が勝ったかなどは割とどうでもよいとのこと。

その代わり、負けるやつは共通するそうです。
なので、負けた方に注目して欲しいとのことでした。
共通する敗因として3つ挙げていました。

子供の「勉強はなんで必要?」にどう答える?

勉強が嫌いな子が

「何で勉強しないといけないの?」
「理科は何に役に立つの?」

なんて聞いてくることがあります^^
そんな時、どう答えますか?

その答えの正解は一つではありませんし、内容だけでなく、年齢によっても伝え方は変わってくると思います。

6月9日の「あすなろラボ」で、「今でしょ!」でおなじみの東進ハイスクール・林先生が、学校で勉強したことが実際に役に立っているという話をしていたので趣旨をまとめました^^

東進の林先生が語る、社会で生きていく上で必要な二つの能力

6月9日の「あすなろラボ」で、「今でしょ!」でお馴染み、東進ハイスクールの林修先生が出ていました。
学校生活に挫折してあまり勉強をしてこなかった、いわゆるヤンキーの子達に対して授業形式で話をしていたのですが、私はここで「学ぶことの大切さ」を再認識させられました。

林先生はその子達に、

「社会で生きていく上で、二つの能力は必ず磨かなければならない」

と言っていたのですが、その話の内容と伝え方が「なるほど」と思えるものだったので、ポイントをまとめてみました^^

東進の林先生が、受験本番1ヶ月前になったら生徒に言うこと

東進ハイスクールの林先生が、毎回受験本番1ヶ月前になったら生徒たちに言っていることがあるそうです。

6月9日に放送されていた「あすなろラボ」「林先生は、たった1回の授業で落ちこぼれたちをやる気にさせることができるのか!?」という回で語っていた内容ですが、ポイントをまとめてみました。

東大生の通うすごい塾・学校

5月6日放送のがっちりアカデミーは、
「東大生223人にガッチリ聞きました!頭が良くなるにはどうやって勉強するの?そしていくらかかるの?」スペシャルでした。

金額に関しては、やっぱり教育に結構お金かけている家庭が多いんだなあという感じでした^^;
中には塾にも通わず独学で東大に合格した方もいましたが、まれでしょうね^^;

金額の方は今回は置いておくとして、今回の放送で改めて、
色々とユニークな塾や学校があって、勉強するにも選択肢がたくさんあるんだなあと感じました。

今回は放送内容に基づいて、東大生はどんな塾に通っているのか、そこでどんな勉強をしているのか、放送内容と調べたものをまとめてみました。

このページの先頭へ