エチカの鏡で紹介!生まれ順による相性

2010年6月13日放送の「エチカの鏡」は、「相性」に関する内容でした。
アドラー心理学に関しては聞いたことある程度で知っていたのですが、
私が興味深かったのは、生まれ順による相性でした。

同じ家庭でも性格の違う兄弟。
人は育った環境で性格や行動が違うと言われるのに、
全然違う兄弟がいるのはなぜだろう?と思っていたのですが、
同じ兄弟でも、家族の中でどのポジションにいるかで環境って変わってきますね^^
それを知って納得しました♪

基本的には4つのパターンに分かれるそうです。

一番上の第一子、上と下に挟まれる真ん中っ子、一番下の末っ子、そして一人っ子です。

これは、長男、長女といった男女は関係なく、生まれた順番ですので、
兄と妹の2人兄妹の場合は、妹は末っ子になります。

これらの特徴を知っていれば、子供のことをより理解してあげられるのではないでしょうか?^^
では、それぞれの特徴を見てみましょう。

第一子の特徴

第一子は親にとって初めての子供なので、
生まれてる時の期待が非常に大きいんです。

生まれてきたら、いろんなものを買い与えてもらい、
写真もたくさん残してもらえます。

ここまでは良いのですが、その扱いが変わる時があります。

それは、弟、又は妹が生まれた時

今まで、王子様、お姫様扱いだったのに、
弟、妹が生まれたとたん、「お兄ちゃんお姉ちゃんなんだから」と我慢を強いられたり、
「しっかり!」と責任を持たせられたりします。

そのような扱いをされて弟や妹に嫉妬することもあるのですが、
やっぱり兄弟を愛する気持ちは持っているので、
自然と下の子の面倒をみるようになり、責任感を持ちながら成長します。

そんな第一子には、こんな特徴があります。

  • 自分の思いを言わない
  • 無口で考えがわからない
  • 自分の気持ちを重視しない
  • 周りがどう考えているかを優先
  • 教えるのがうまい
  • 仕切り屋
  • 世話好き
  • 甘えられるのが心地よい
  • 自分の気持ちより調和を大切にする

なので、第一子女性はダメ男に引っかかりやすかったり(ほっとけない)、
突然「別れる」と言いだすんだそうです。
本当は頭の中で別れたいような考えがあるのに、
自分の思いをなかなか言わないために、たまった時に爆発してしまうんですね^^;

子供の場合なら、急に怒り出したりとか有ると思いますが、
それはそれよりも前から何か不満に思っていたのかもしれません^^;

また第一子は、責任感から頼まれた仕事を断れなかったりもするそうです。

真ん中っ子の特徴

上と下に挟まれて育つ真ん中っ子は、
甘えることも甘えさせることも経験します。
触れ合う年齢の幅が大きいので、色々な場面で上手に振舞えるようになります。

しかし、中間管理職のように上にも下にも不満を持っており、
恵まれていないと思って育つことも多いようです。

そんな真ん中っ子には、こんな特徴があります。

  • どんな人とも上手く付き合える
  • 甘えることも甘えさせることもできる
  • 上と下に対して不満がある
  • 大勝負には出ず、無難な方を選ぶ
  • 器用貧乏

末っ子の特徴

生まれた時には既に上がいる末っ子は、
一緒に遊ぶのは年上のお兄ちゃんやお姉ちゃん。
必死に追いつこうとして成長していきます。

お兄ちゃん、お姉ちゃんと同じ事がしたいので、負けず嫌いに育ちます。

末っ子の全ての行動の基本となるのは、甘え上手だということ。

子供の時だけでなく、お年寄りになっても末っ子として育った人は甘えてきます。

そんな末っ子には、こんな特徴があります。

  • アピールがうまい
  • 負けず嫌い
  • 甘え上手
  • 自分を中心に世界が回っていると思っている
  • 思ったことをすぐに言う
  • 困ったらニタッと笑う

ちなみに、末っ子は言葉が軽かったり、
ウソをついても、自分がウソをついていることを言いたがるそうです^^;
また、スポーツ選手も末っ子が多いようです。
その理由は、上の子が先にスポーツをやるから。

下の子はそれに追いつこうとして、一生懸命頑張ります。
子供の頃は、年齢が1つでも上なら体の作り上がりが違うので、
上の子と切磋琢磨するのは、ものすごく鍛えられるんですね^^

上の子より下の子の方が頑張るので、やがて下の子が上手くなって、
上の子は退いていきます。

このような話、実際のスポーツ選手でも聞きますよね^^

ひとりっ子の特徴

一人っ子に生まれた子は、家族の愛を独占して育ちます。
おもちゃの取り合いもなく、食事も自分のペースでゆっくり食べます。
遊ぶ時はひとりきりなので、頭の中で色んなことを考えて遊び、
一人の時間に慣れているので、苦痛に感じません。
また、争う相手がいないので平和主義者に育ちます。

そんな一人っ子には、こんな特徴があります。

  • 妄想壁がある
  • マイペースで集団の中で浮く
  • 一人の時間が苦手ではない
  • 争う相手がいないので平和主義

一人っ子は、たくさんの大人に囲まれて育つので、
自分は大人と対等な扱いと思っています。
また、マイペースさも手伝って、あまり空気を読もうとしません^^;


とまあ、こんな特徴があるようです^^

それぞれの相性は、このようになっていました。

生まれ順による相性

同じ生まれ順同士の人間関係の相性はこのような感じだそうです。

生まれ順による相性

面白いですね♪

これはあくまで番組内で解説していた、文筆家の島田裕巳さんの研究によるもので、
必ずこうだというものではありません^^

でも、これを知っていれば、人間関係の構築や、
特徴に合わせた教育なんかに使えそうですね^^

Check

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ

コメントする




« 若い夫婦は千代田区に住むとオトクになる5つの理由 | ホーム | 学力よりも意欲の低下が問題 »

このページの先頭へ